デロンギ全自動コーヒーマシンのコスパは?コーヒー豆の価格や抽出方法別で1杯単価を解説!

デロンギ
  • デロンギの全自動コーヒーマシンを検討しているけど高額で悩んでいる
  • どの程度飲めば元が取れるのか知りたい
  • 普段はそこまでコーヒー飲まないけど購入してよいか知りたい

このような疑問にお答えします!

我が家では奥さんの誕生日に思い切ってデロンギの全自動コーヒーメーカーを購入し、およそ1年半経過しました。

我が家はこちらのモデルを購入しています。

\最大10%ポイントアップセール!/
Amazon
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

デロンギの全自動コーヒーマシンはハイスペックモデルで約30万円し、もっとも安価なエントリーモデルでも7万円前後する高額な商品です。

手軽に購入できないものだからこそ、本当に必要か、コスパが良いのかは気になるところですね。

こちらの記事では、

  • 1杯当たりの単価(全モデル共通)
  • どの程度飲むと元が取れるのか
  • 購入する価値があるのか

について解説します。

スポンサーリンク

デロンギ全自動マシーンの一杯当たり単価 コーヒー豆ごとの価格で比較

1杯あたりの単価は、コーヒー豆の価格で異なりますので、コーヒー豆の単価をベースに単価を計算していきます。

1回あたりに挽くコーヒー豆の量が原則決まっているので、簡単に計算が可能です。(コーヒーの挽き方で豆の量は若干変動します。)

説明書を見ると機種によって多少異なりますが、1回に挽く豆の量は以下の通りとなっています。

抽出方法コーヒー豆の量画像概要(説明書参照)対象機種例
エスプレッソ約6~10gイタリアの伝統的コーヒーの代表格

9気圧で急速抽出された濃厚で深い味わいの香り豊かなコーヒー。
さまざまなメニュー・バリエーションのベースになります。
ECAM45760
ECAM35055
ECAM29081
ECAM35035
ECAM23120
カフェ・ジャポーネ約12〜20g深蒸しレギュラーコーヒー

エスプレッソの旨味とドリップのすっきりした後味を融合した日本限定機能。
豆をハンドドリップのように蒸らしながら抽出することで芳醇な香りと
うまみを凝縮した一杯をつくりあげました。
ECAM45760
ECAM35055
ECAM29081
ECAM35035
ECAM23120
スペシャルティ約8~14gフルーティーなライトコーヒー

豆のテロワールを最大限に表現し、すっきりした繊細な味わいを演出。
中~やや浅煎りまでサードウェーブで広まったトレンドコーヒー豆にも
対応します。
ECAM35055
ECAM29081
ECAM35035
アメリカーノ約6~11gベーシックなコーヒー

エスプレッソにお湯を注いで抽出します。
エスプレッソのクレマやコクを生かしつつ、雑 味を抑えた飲みやすい
テイストのレギュラーコーヒーです。
ECAM45760
ECAM35055
ECAM35035
ECAM23120
ドッピオ+約15g香り高く濃密なコーヒー

コーヒー豆を贅沢に使用し、香り高く濃密なコーヒーを抽出する
デロンギ独自のメニュー。短時間で蒸らし重ねる「間欠蒸らし」で
濃密な旨味を引き出すため、リッチな味わいが楽しめます。
ECAM35055
ECAM35035
スポンサーリンク

デロンギ全自動マシーンのコスパ 具体的なコーヒー豆で試算!

我が家おすすめのコーヒー豆は『カークランド スターバックスロースト ハウスブレンド』です。

\最大10%ポイントアップセール!/
Amazon
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

●おすすめコーヒー豆についてレビュー

初心者が選ぶ!デロンギ・マグニフィカS(コーヒーメーカー)におすすめのコーヒー豆
デロンギのコーヒーマシンを購入した、もしくは検討しているが、コーヒー豆の違いがよくわからないコスパと味のバランスが良...

こちらの豆を基準として、どの程度のペースで飲む続けるとマシン購入の方がお得になるか計算してみます。

なおコーヒー豆は時期によっても価格が変動するため計算基準金額は1.13kgで3,300円としております。(2022年9月時点を参照)

エントリーモデル(約70,000円)の購入なら、1年前後で元が取れる

  1. 『カークランド スターバックスロースト ハウスブレンド』のコーヒー豆(1.13kgで3,300円)
  2. 1日2杯程度コーヒーを飲んでいた
  3. これからも1日2杯(一般的なエスプレッソやカフェジャポーネ)を飲む予定
  4. デロンギのエントリーモデル(約70,000円)を購入した

このような条件の場合、1年前後で大よそ元がとれます。

  • 100円のコンビニコーヒーを飲んでいたなら約1年3ヶ月で購入金額の元がとれる
  • 300円のカフェでコーヒーを飲んでいたなら約8.5ヶ月で購入金額の元が取れる

抽出方法の違いによる1杯単価の違い

カークランド スターバックスロースト ハウスブレンドで各抽出方法の違いによる1杯にかかるコストを比較したのが下記一覧です。

  • エスプレッソ(コーヒー豆8g想定):約23円/杯
  • カフェジャポーネ(コーヒー豆16g想定):約46円/杯
  • スペシャルティ(コーヒー豆11g想定):約32円/杯
  • アメリカーノ(コーヒー豆9g想定):約26円/杯
  • ドッピオ+(コーヒー豆15g想定):約43円/杯

コンビニコーヒーで1杯100円、カフェで1杯500円を使うことを考えると圧倒的に安いコストでコーヒーを飲めます。

購入金額の元を取るには何杯飲めばよいのか試算

デロンギの経済性は公式ページでも細かく計算できますが、エスプレッソ基準(コーヒー豆8g使用の試算)のみのため、ここではエスプレッソ以外の抽出方法についても試算します。

経済性で選ぶ | 挽き立ての秘密 | デロンギ
デロンギ全自動コーヒーマシンは非常に経済的。実はカプセル式のコーヒーメーカーよりも1杯あたりの値段が安くお得です。

コーヒーマシン自体の価格も大きく異なるので、1杯飲んだときの金額差をベースに見ていきましょう。

①デロンギ1杯当たりの単価と各種単価の差額

デロンギで各種コーヒーを飲んだ場合と、コンビニ(一杯100円)やカフェ(一杯300円と500円)でコーヒーを飲む金額を想定して一杯あたりの差額をまとめてみました。

デロンギ1杯単価1杯100円との差額
(コンビニ)
1杯300円との差額
(カフェ)
1杯500円との差額
(カフェ)
エスプレッソ
23円
77円277円477円
カフェジャポーネ
46円
54円254円454円
スペシャルティ
32円
68円268円468円
アメリカーノ
26円
74円274円474円
ドッピオ+
43円
57円257円457円
②全自動コーヒーマシンを購入した場合に購入価格の元を取る回数

先ほど算出した1杯あたりの差額をベースに、何回コーヒーを飲めば元が取れるのか抽出方法別に試算したのが下記表です。

全自動コーヒーマシンの価格は3パターンで計算しています。

  • 70,000円(エントリーモデル想定)
  • 150,000円(ミドルモデル想定)
  • 300,000円(ハイスペックモデル想定)

●デロンギ全自動コーヒーマシン(マグニフィカS)モデル別の違いについて

マグニフィカS比較! デロンギ全自動コーヒーマシン『ECAM23120』『ECAM22112』の違いは?
デロンギコーヒーマシンを調べるとマグニフィカSが複数あるけどなぜ?モデルごとの機能の違いについて知りたいどのモデルが...

※エントリーモデル想定(70,000円)はエスプレッソ・カフェジャポーネ抽出のみの機種が主なので、その他抽出方法の回数は記載しておりません。

抽出方法コーヒーマシン購入価格の元を取る回数
(1杯100円コーヒーの場合
コーヒーマシン購入価格の元を取る回数
1杯300円コーヒーの場合)
コーヒーマシン購入価格の元を取る回数
1杯500円コーヒーの場合)
エスプレッソ70,000円:909回
150,000円:1,948回
300,000円:3,896回
70,000円:253回
150,000円:542回
300,000円:1,083回
70,000円:147回
150,000円:314回
300,000円:629回
カフェジャポーネ70,000円:1,296回
150,000円:2,778回
300,000円:5,556回
70,000円:276回
150,000円:591回
300,000円:1,181回
70,000円:154回
150,000円:330回
300,000円:661回
スペシャルティ150,000円:2,206回
300,000円:4,412回
150,000円:560回
300,000円:1,119回
150,000円:321回
300,000円:641回
アメリカーノ150,000円:2,027回
300,000円:405回
150,000円:547回
300,000円:1,095回
150,000円:316回
300,000円:633回
ドッピオ+150,000円:2,632回
300,000円:526回
150,000円:584回
300,000円:1,167回
150,000円:328回
300,000円:656回
③全自動コーヒーマシンを購入した場合の元を取る期間

1日にコーヒーを飲む杯数を基準にした場合、何日で元が取れるかまとめているのが下記の記表です。

ご自身がどの程度のペースでコーヒーを飲むかを基準としながらぜひ参照してみてください。

コーヒーマシンを
購入して購入価格の元を取る回数
1日2杯飲む場合1日3杯飲む場合1日4杯飲む場合1日6杯飲む場合
100回50日33日25日16日
300回150日100日75日50日
500回250日166日125日83日
1,000回500日333日250日160日
3,000回1,500日1,000日750日500日
5,000回2,500日1,666日1,250日833日

デロンギの全自動コーヒーマシンは生活習慣を変えてくれる

デロンギの全自動コーヒーマシンが、コーヒーを飲む習慣の人にとっては大変お得なことを解説してきました。

一方で、コーヒーを飲む習慣がない人にとって購入する価値はあるのでしょうか。

個人的な感想として、

  • コーヒーは好き
  • カフェなどお店などでは普通に注文する
  • 自宅で作って飲むほどではない

このような方は購入すると生活が変わるかもしれません。なぜなら、僕が挙げたような人間だったからです。

コーヒーにこだわらない人こそデロンギの全自動コーヒーメーカー・マグニフィカSがおすすめな理由
コーヒーメーカーがちょっと気になってる。でも、コーヒーにこだわりないし、購入する必要ある?値段も種類もピンキリだし、...

今まで出先ではコーヒーをよく飲んでおりましたが、自宅で作ってまで飲もうとはしておりませんでした。

しかし、デロンギの全自動コーヒーマシンを購入後は

  • 朝の寝起きに1杯
  • 昼食後に1杯
  • 近くの公園にピクニック時は水筒で持参

このような生活に変わりました。

部屋の中に漂うコーヒー豆の香りも癒されます。

手軽に自宅で美味しいコーヒーが飲めるのは、QOLの向上にもつながりますので、コーヒー自体が嫌いではないようなら、デロンギ全自動コーヒーマシンの購入を検討してみる価値は十分あると思います。

ぜひ参考にしてみてください!

\最大10%ポイントアップセール!/
Amazon
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

コメント

タイトルとURLをコピーしました