乾燥容量別シワの違いは?パナソニック『ドラム式洗濯機』利用レビュー

ドラム式洗濯機
  • ドラム式洗濯機の乾燥機能でシワはちゃんと伸びるの?
  • 容量や素材の差でシワの量に違いはあるの?
  • 乾燥を使った後に必要なお手入れは?

このような疑問にお答えします!

我が家では、念願かなってドラム式洗濯機を購入しました。

種類は、パナソニックのNA-LX127Aです。(最上位より2番目の機種)

ドラム式洗濯機を購入するにあたり、乾燥機能を求めている方は多いでしょう。

我が家が縦型洗濯機からドラム式洗濯機に変えた一番の理由が、乾燥機能です。

最初は乾燥さえすれば、すぐ着用できる状態になると思い込んでおり、意外とシワが付くことに驚きました。

既にドラム式洗濯機を利用されている人なら『当たり前でしょ』と言われるかもしれませんが、我が家はドラム式洗濯機を初めて購入したため、知りませんでした。

バスタオルなどのタオル類はシワが付きづらいのであまり気にする必要がありませんが、特にTシャツなどの衣類は容量ごとでシワの差が大きいので注意が必要です。

今回はパナソニックドラムで乾燥したときのシワについて比較したので、初めて購入を検討している方や、改めて容量とシワの違いについて知りたい方はぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

目安は約3kg以内!アイロンいらずのパナソニック『ドラム式洗濯機』の乾燥

私が購入したパナソニックのNA-LX127Aの洗濯容量は以下のとおり大容量です!

  • 洗濯容量12kg
  • 乾燥容量6kg

最大で6kgまで乾燥できますが、容量が増えると乾燥するとシワが多くなり、そのまま着用が難しくなります。※乾燥後のシワ取りにおすすめのアイテムを後半に紹介しています。

シワを少なくするには適切な乾燥容量に抑えることが必要です。

ぴよまる
ぴよまる

使ってきた目安では、おおよそ3kg以内くらいがそのまま着用できるレベルです!

※衣類は少し恥ずかしいので隠してます!

※カゴは約500g

乾燥容量約2.5kgを見てみましょう。

乾燥後のTシャツのシワを確認

今回は、僕が大変お世話になっているユニクロさんのTシャツで試してます。

なお、紹介している衣服では乾燥が推奨されていないシャツもあるので、お気を付けください。

【実際の乾燥量】

  • Tシャツ:5-6枚
  • ハーフパンツ:3-4枚
  • その他:肌着や下着等(画像外)

①ユニクロU エアリズムコットンオーバーサイズTシャツ(綿53%、ポリエステル30%、複合繊維17%)

ユニクロの代表作、エアリズムのつややかな生地感もあり、比較的シワが付きにくい衣類かと思いますが、十分このまま着用できるレベルに仕上がってます。

※乾燥推奨されていない衣類です。

②ユニクロ UTシャツ(綿100%)

シワになりやすい綿(コットン)100%のTシャツです。

若干すそのあたりのシワが気になる方がいるかもしれませんが、十分そのまま着用できるレベルです。

スポンサーリンク

乾燥容量別のシワの違い!パナソニック『ドラム式洗濯機』の乾燥

では、ほかの乾燥容量だとどうなるか見てみましょう。

乾燥容量3.4kg

①ユニクロU エアリズムコットンオーバーサイズTシャツ(綿53%、ポリエステル30%、複合繊維17%)

※塩素系の洗剤を垂らしてしまい、数か所白く変色しています

シワになりにくい素材でありますが、まだそのまま着用できる仕上がりです。

外出でも十分着ていけるでしょう。

※乾燥推奨されていない衣類です。

②ユニクロ UTシャツ(綿100%)

シワになりやすい素材(綿100%)という点もありますが、一気にシワが増えました。

さすがにそのまま着用するには難しい仕上がり具合です。

乾燥容量4.2kg

●ユニクロ UTシャツ①(綿100%)

かなりインパクトある仕上がりとなり、固めの綿素材のため、シワも残りやすいです。

アイロンがけが必須なのは見て取れるでしょう。

●ユニクロ UTシャツ②(綿100%)

①と同じ綿100%ですが、若干②の素材の方が柔らかいです。

しかしシワの付き方は同様で、直接着用は困難を強いられるでしょう。

乾燥後は乾燥フィルターのお手入れが必要

ドラム式洗濯機は様々なお手入れが必要となりますが、乾燥後においては都度フィルターの掃除が必要です。

file:///C:/Users/robyn/Downloads/na-lx127al_na-lx127ar_guide%20.pdf 参照

①乾燥フィルターを取り出す

  • 1つ目
  • 2つ目

約2.5kgの乾燥量でもかなりのホコリがついてます。

量が多くなったり、タオル地が多くなってくると、さらにびっしりついてくるので、乾燥後は毎回掃除しましょう。

②ごみ(ホコリ)を取り除く

説明書には、『湿ったタオル等』とありますが、都度タオルを用意するのは大変ですし、ホコリをとった後のタオルの処理も面倒ですよね。

メーカー推奨か不明ですが、便利なのがティッシュです!

さっと拭くだけで、ごそっとホコリが取れます。

ティッシュであれば、掃除してそのままポイっと捨てられる点も大変便利です。

④乾燥フィルターの中もごみ(ホコリ)が多いので拭く

フィルター内もホコリがかなり溜まっているので合わせて掃除しておきましょう。

これで終了です。

乾燥後のシワ伸ばし!手軽にできる衣類スチーマーがおススメ!

シワがついてしまったシャツ、そのまま着るのは難しいながらも都度アイロンを引っ張り出してのアイロンがけはとても手間です。

困っていた我が家でたどり着いたのが、衣類スチーマーです。

  • すぐ起動できる
  • アイロン台を必要とせずハンガーにかけたままシワが伸ばせる。
  • 出かける前の限られた時間でさっとできる。

我が家はデザインが気に入ったパナソニック製の衣類スチーマーを購入しました。

パナソニックは、他メーカーに比べてマットでシンプルなデザインの家電が増えてきている気がするのは気のせいでしょうか。

早速、ユニクロ UTシャツ(綿100%)で試してみます。

引っ張りながらスチームを充てます。

ご覧の通り数分できれいになりました!

約20秒使えるようになって、数分充てると十分着ていけるレベルまでシワが伸ばせます。

ドラム式洗濯機と併用すると時短できて大変便利です。

まとめ 乾燥容量ごとシワの違いは?パナソニックのドラム式洗濯機利用レビュー

パナソニックのドラム式洗濯機による乾燥シワについて見てきました。

容量による違いなど見てきましたが、1つ確実に言えることは、乾燥機能は本当に便利!ということです。

確かに安い買い物ではなかったですが、本当に購入してよかった家電と自信をもって言えます。

ぜひ、購入を検討している方は、参考にしていただけたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました