住宅ローン無料一括比較の『モゲチェック』に実際に登録!FPの評価・評判は?

ライフプラン
  • 住宅ローン比較のモゲチェックは登録しても大丈夫?
  • モゲチェックでは何ができるの?また注意点は?
  • モゲチェック以外で比較する方法は?

このような疑問にお答えします!

住宅購入を検討している人にとって、大きな悩みが『住宅ローン』の選択です。

多くの人にとって人生で1番大きな借金を選択するわけですから慎重になるのも当然ですね。

ぴよまる
ぴよまる

10年のFPキャリアのうち、5年ほど都内の不動産売買仲介会社に所属し、FPとして住宅購入相談(約500件)を受けてきました!

今利用者が増えているのが自分に合ったおすすめの住宅ローンを一括比較で提案してくれるモゲチェック です。

【モゲチェック登録10万人突破!感謝還元キャンペーン】

期間:2022/9/1-9/30 

内容:モゲレコでおすすめされた住宅ローンの仮審査申込の結果を報告してくれたら、1銀行あたりアマゾンギフト券3,000円分プレゼント

詳細:モゲチェックをご覧ください。

※キャンペーン適用には条件がございます。かならず上記のサイトをご覧ください。

登録者数が10万人を超えており、多くの方に利用されているサービスとなっています。

今回は、実際にモゲチェックに登録し、住宅ローンの比較サービス『モゲレコ』を試してみました。

ぴよまる
ぴよまる

結論ですが、住宅ローンの借入を検討している方は、モゲチェックの活用をおすすめします!理由は利用にあたり『損がないサービス』だからです。

また『融資承認確率』が判断されるのは他のローン比較サービスにない特徴ですね。

本記事ではサービスのポイントや、使い方について紹介していきますので、登録を検討している方は参考にして下さい!

●無料の一括比較の希望の方はこちらからご登録

スポンサーリンク

モゲチェックは自身に合った住宅ローンを提案してくれる

モゲチェックは一言で表すと『自分自身に合った住宅ローンを提案してくれるサービス』です。

※モゲチェックの住宅ローンオンライン提案ツールが「モゲレコ」です。

自分自身の『希望』や『収入の条件』などを入力すると、AIが一番好条件になるであろうローン商品を最大3つまで提案してくれます。

そのため、最終的にモゲチェック経由で申し込みするかは別にしても、登録して提案を受けてみることに損はありません。

  • 無料で利用可能に加えて登録は5分で完了
  • 提案結果はすぐ届き、融資の承認率もAI判断で提示
  • チャットでプロによるサポートや提案を受けられる

無料で利用可能に加えて登録は5分で完了

モゲチェックはユーザー側は完全利用無料です。

費用が掛かる場面はありませんので、安心して利用できます。

無料の理由は金融機関からの広告費や手数料

モゲチェックは、提携金融機関からの手数料や広告掲載料で成り立っているため、我々ユーザーは無料で利用可能です。

また、オンラインで完結するため、登録して営業や勧誘を受けるようなことがなく、安心して利用できる仕組みとなっています。

登録はおおよそ30項目

登録項目はおおよそ30項目で、住宅ローンの借入条件を算出するのに必要な情報となります。

なお、途中物件情報を入れる項目がありますが、新規で住宅の購入検討の場合は、まだ具体的な購入物件が決まっていないことも十分考えられます。

ただ、物件概要が具体的に決まっていなくても進められますので、どなたでも安心して利用いただけます。

●まずはアカウントを登録

●希望や資金状況、候補物件情報や家族情報などを入力

※登録は仮の数値で入力しております

●登録後の案内メール

時間外(プラン作成時間平日9:00-22:00、平日以外9:00-16:00)に登録したため、判定まで少し時間がかかりました。

●モゲチェックからローンの提案

ローンは最大3つまで提案があり、今回2つの商品を提案いただきました。

『融資承認確立』が記載されているのは、他の比較サイトと比べても大きな特徴です。

融資承認確立とは

金融機関の審査に通る確率です。過去4,000件以上のデータを使ってモゲチェックが独自に開発したモデルで算出しています。

引用:モゲチェックよくある質問

※金利等の各種条件は条件やタイミングによって異なりますので、ご注意ください

各銀行の詳細が確認できます

※諸費用・条件

※団体信用生命保険やおすすめポイント

※お申し込みの流れ

※利用者の口コミ

※資金計算書の内訳

※条件確認後、銀行のページに飛び、仮申し込みが行えます

イオン銀行HP

チャットでプロによるサポートや提案を受けられる

「プロに最適な住宅ローンを選んでもらいたい」「住宅ローンに関する疑問に答えてもらいたい」などの希望の場合、チャットで専門家にサポートしていただけます。

なお、メッセージのみのやり取りで電話や対面での相談はありませんので、話しながら相談したい場合は注意しましょう。

※チャット画面

スポンサーリンク

モゲチェックで出来ること5選 デメリットや注意点も!

そもそもモゲチェックでは、ローンの一括比較以外に何ができるのか見てみましょう。

モゲチェックで出来ること5選

5つのポイントに絞って紹介します。

モゲレコによる自分自身に最適な住宅ローンの提案(新規・借換)

メインサービスである、モゲレコでの住宅ローン提案です。

各銀行の審査基準に照らし合わせて、融資の承認確立まで計算してくれるため、融資を申し込むにあたって貴重な情報となります。

活用方法は既に冒頭で紹介している通りですが、

  • 住宅ローンをこれから新規で検討している人
  • 既に住宅ローンを借り入れしていてローンの見直し(借換)を検討している人

どちらのお悩みも解決できるような提案をしてくれるので、まずは登録して提案を受けてみましょう。

●無料の一括比較の希望の方はこちらからご登録

最新のタイムリーなおすすめの住宅ローンランキング掲載

https://mogecheck.jp/mortgage-ranking/purchase

モゲチェックでは、金利動向などを常にチェックしているので、最新の住宅ローンの情報をランキング形式で見れます。

  • おすすめ順
  • 金利順
  • 団体信用生命保険の充実度順

このように自分自身の希望条件をベースにランキング形式で表示してくれます。

登録も必要ないので「とりあえずチェック」してみることをおすすめします。

借入可能額や毎月の返済額、借換等の簡易シミュレーション

以下3つのシミュレーションが簡単に行えます。

  • 物件を検討している方向けの『借入可能額シミュレーション』
  • 新規借り入れを検討している方向けの『毎月の返済額シミュレーション』
  • 既に住宅ローンを組んでいる方向けの『借り換えメリット額シミュレーション』
https://mogecheck.jp/simulation

●借入可能額シミュレーション

簡単な項目を入れるだけで、借入可能額の目安が確認できます。

※入力内容は仮の数字です

●毎月返済額シミュレーション

借入額と金利、返済期間を入れて毎月の支払予定額をチェックできます。

※入力内容は仮の数字です

●借り換えメリット額シミュレーション

今借りている住宅ローンから借り換えを行った場合に、どの程度メリットがあるか簡易シミュレーションができます。

まず、現在のローン情報を7項目入力すると

借り換えメリットの有無、また返済家減額の目安を提示してくれます。

なお、あくまで目安金額なので、具体的に進める際は諸費用など詳細の金額をきちんと確認することが大切です。

※診断時の前提条件(参考)

住宅ローンや関連する役立つコンテンツ記事

住宅ローンを中心として、お金に関連する記事が随時更新されています。

毎週ごとの住宅ローンに関連するニュースや考察もかなり細かく記載されているので、読むだけでも大変勉強になるでしょう。

https://mogecheck.jp/articles

借入後の住宅ローン管理(無料)

住宅ローンの情報や、金利情報、物件情報などを入れることで、住宅ローンの見直しに向けた管理ができます。

金利動向から現在のローンの状態、借換メリットなどの経過を見ることができるので、定期的なローンのチェックに大変便利です。

モゲチェックのデメリットや注意すべき点

モゲチェックを活用するにあたって、デメリットや注意すべきについて紹介します。

ローンの借り方や返し方に、モゲチェック内での推奨見解がある

まず前提として知っておいてほしいのは、住宅ローンの借り方や返し方に関して、モゲチェック内の推奨見解があります。

各提案やコンテンツの情報などに、モゲチェックとしての推奨方針が反映されている点もあるので、情報を見る際はきちんと整理することが大切です。

発信している情報に間違いはないと思いますが、1つの見解として受け止め、自分自身できちんと判断していきましょう。

例1:繰上返済について

例2:変動金利の動向について

https://mogecheck.jp/articles/show/8Pd3k9OMq7L14gVveNlJ

必ず住宅ローンを借りられるわけではない

モゲチェック内でのローン商品の融資承認率や提案は、あくまで過去データから算出した統計値であり予測です。

最終的な融資の判断は金融機関が行いますので、高い承認率が出ているからと言って、融資が保証されているわけではない点は注意しましょう。

https://mogecheck.jp/service-regulation

なお、事前審査は金融機関の審査となるので、早めに行っておくと審査の精度はあがってきます。

事前審査とは

借入者の年収や借入希望額、物件などの情報から、ローンを最後まで返済できるかを金融機関が簡易的に確認します。審査日数は、一般的に数日から1週間程度です。

引用:ARUHI 住宅用語集

チャットのみの相談で面談形式はない

モゲチェックでの相談はすべてオンライン上のメッセージです。

つまり、対面相談やオンライン面談などの顔を合わせた形での相談は受けておりません。

https://mogecheck.tayori.com/q/mogecheck-faq/detail/219319/

どうしても個別具体的に話しながら相談したい!という方にとってはデメリットになりえます。

一方、対面での人員を置いていないからこそ人件費を削減でき、無料で利用できる側面もあるはずなので、一方的なデメリットとは言えないかもしれませんね。

提携していない金融機関もある

モゲチェックで紹介、提案を受けるのは、モゲチェックが提携している金融機関のみなので、すべての金融機関の住宅ローンが比較対象になっているわけではありません。

●2020年8月の公開情報

https://mogecheck.jp/lp/moge-biz

具体的な提携数の記載はありませんが、メガバンクやネット銀行、地方銀行など主要なところは提携されているので、どうしても指定の銀行が良い、という方以外は大きな支障にならないでしょう。

モゲチェックの提案が一番お得だとは限らない

例えば、住宅ローンは不動産会社経由より紹介を受けて申し込むこともあります。

不動産会社も金融機関と提携している場合が多く、提携ローンの方がお得に借入できるケースもあります。

最終的には、審査結果を並べてみないと分からないので、結局モゲチェックとの併用がベストですが、モゲチェックが一番良い!とは限らない点は頭に入れておきましょう。

モゲチェック以外での住宅ローン比較方法

では、モゲチェックを利用しないと住宅ローンの比較ができないのか、と言われるとそんなことはありません。

モゲチェック活用以外のローン比較の方法について、メリット・デメリットを見ながら考えていきましょうい。

自分で全て調べる

極端な話、自分で情報を駆使してすべて調べて、審査まで進めらえるのであればそれは問題ありません。

住宅ローンの比較サイト自体は、モゲチェック以外でもありますので他サイトを見てみるのも手です。

メリット

一番のメリットは、調べることが自分自身の知識となり、情報量が多くなるということです。

情報量だけ増えて、頭でっかちになる必要はありませんが、自身で学ぶことで他人の意見に左右されすぎず、自己判断ができるようになる可能性が高いでしょう。

デメリット

自身で調べるデメリットは、とにかく手間がかかります。

多くの方は住宅ローンの知識が豊富ではありません。

1つずつ学んで、調べていくこと自体は大きな労力となるでしょう。

不動産会社の提携ローンを活用する

モゲチェックのデメリットや注意点でも触れたように、不動産会社によって提携している金融機関での申し込みを提案されることがあります。

メリット

  • 手続きの代行をしてくれる
  • モゲチェックより借入条件が良い場合がある
  • 金融機関との調整や交渉を行ってくれる

●手続きの代行をしてくれ手間が減

住宅ローンの審査では、金融機関に多くの書類を提出しなければなりません。

収入書類、本人確認書類、物件書類等々さまざまです。

段取りを含めて、物件情報など不動産会社が既に持っている資料もあります。

一生のうち何度も行う作業ではないので、ローンの申請に慣れている!という方は一般的に少ないでしょう。

これらを1つ1つ自分で調べて準備するのは大変な手間と労力がかかりますが、不動産会社が間にはいってくれることでサポートや手続きの代行を行ってくれるのは大きなメリットです。

●モゲチェックより借入条件が良い場合がある

提携している不動産会社の規模や、関係性によって借入条件が異なる場合があります。

結果、モゲチェックより好条件になる場合も考えられるわけです。

不動産会社でも、提携金融機関が複数あれば、顧客の状況によって適切な金融機関の複数に申込を行い条件比較を行ったうえで最適なローンを提案します。

実際、僕が所属していた不動産会社でも必ず複数の金融機関に申込を行い、並べた上で提案しておりました。

●金融機関との調整や交渉を行ってくれる

金利交渉や細かな条件の調整など、不動産会社が代行して行ってくれる点も大きなメリットです。

手続きと関連しますが、ローンのプロではない多くの人にとって、間にプロフェッショナルな方に進めてもらうことはメリットにつながります。

デメリット

  • 手数料がかかる場合がある
  • 提案される金融機関に限りがある
  • 対応を任せざる得ないことがある

●手数料がかかる場合がある

ローン手配の代行手数料がかかる場合があります。

僕が所属していた不動産会社でも、代行手数料を預かっておりました。

※もちろん、会社として手数料以上のご提案や対応をおこなっていたので、お客様の不利益にはつながっておりません。

何も知らずに請求されている、といったことがないように注意しましょう。

●提案される金融機関に限りがある

不動産会社の提携金融機関も数に限りがあり、提携内でしか基本的にご案内できません。

その中で最善の提案をしてくれる会社もありますが、中には融資が通りやすい金融機関に偏った案内をしてくる会社があるのも事実です。

その場合、顧客にとって最善な提案ではなく、不動産会社にとって有利な提案になってしまいます。

●対応を任せざる得ないことがある

信頼した不動産会社に代行して任せるのは大きな安心感につながります。

一方、任せっきりにしてしまうと、自身で調べたり学んだりする機会が減ってくる可能性も高いでしょう。

場合によっては、不動産会社の言われるがまま進めてしまうことに繋がってしまいます。

任せるとしても、自分自身できちんと住宅ローンについて学び、判断ができる知識は身につけることが大切です。

まとめ:住宅ローン無料一括比較!『モゲチェック』に実際登録してみた!

ここまでモゲチェックの活用方法やメリット・デメリットについて解説してきました。

一貫してお伝えしているのは、どこで申し込みを行うにしても、『モゲチェック』でのローン比較は行っておくべき、ということです。

理由は

  1. 5分で簡単に
  2. 無料でリスクなく
  3. 最適な提案を受けられる

という点で、特に登録することに損がありません。

モゲチェックの提案がベストとは限りませんが、比較する情報は1つでも多い方が良いということは間違いないでしょう。

住宅ローンの動向は誰にも分かりませんが、自分自身で納得して選んだ方法が正解です。

ぜひ、自分自身の正解を判断するために、モゲチェックを活用してみましょう。

●無料の一括比較の希望の方はこちらからご登録

【モゲチェック登録10万人突破!感謝還元キャンペーン】

期間:2022/9/1-9/30 

内容:モゲレコでおすすめされた住宅ローンの仮審査申込の結果を報告してくれたら、1銀行あたりアマゾンギフト券3,000円分プレゼント

詳細:モゲチェックをご覧ください。

※キャンペーン適用には条件がございます。かならず上記のサイトをご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました