コーヒーにこだわらない人こそデロンギの全自動コーヒーメーカー・マグニフィカSがおすすめな理由

体験レビュー
  • コーヒーメーカーがちょっと気になってる。
  • でも、コーヒーにこだわりないし、購入する必要ある?
  • 値段も種類もピンキリだし、何を選べば良いかわからない

こう思われている方も多いのではないでしょうか。

先日、デロンギの全自動コーヒーメーカー(マグニフィカS)を手に入れました。

ただ、僕と奥さんは特にコーヒーにこだわりを持っているタイプの人間ではありません。

そんな我が家でデロンギの全自動コーヒーメーカーを購入した理由を

  • コーヒーメーカーをそもそも検討した理由
  • 全自動コーヒーメーカー(コーヒーマシン)を選んだ理由
  • デロンギの全自動コーヒーメーカー(コーヒーマシン)、マグニフィカSを選んだ理由

の3段階に分けて解説していきます。

なお、購入して1か月後のレビューや、6カ月利用後に感じたおすすめのコーヒー豆について、以下の記事で解説しています。

デロンギ・マグニフィカSの掃除やコスパについて知りたい

【掃除が楽!】デロンギ全自動コーヒーメーカー(マグニフィカS)1か月使用レビュー・口コミ
デロンギ全自動コーヒーメーカー(マグニフィカS)を検討している!ただ、掃除や手入れって本当に楽なの?金額が高いけど、...

★デロンギ・マグニフィカSにおすすめなコーヒー豆

初心者が選ぶ!デロンギ・マグニフィカS(コーヒーメーカー)におすすめのコーヒー豆
デロンギのコーヒーマシンを購入した、もしくは検討しているが、コーヒー豆の違いがよくわからないコスパと味のバランスが良...
スポンサーリンク

コーヒーメーカー(コーヒーマシン)を検討した理由

コーヒー豆に囲まれた白い受け皿の上に満たされた白いカップ

まず、コーヒーメーカー(コーヒーマシン)を検討したそもそもの理由を紹介します。

  • おうち時間が増えた
  • 家でコーヒーを飲みたくても、面倒くさかった
  • 家で淹れるコーヒーが美味しくなかった

まず、コロナの影響もあり家にいる時間が圧倒的に増えました。在宅の時間が増えたことで『家の時間をより充実したい』という感情が増加したわけです。

でも、コーヒー淹れるのって結構面倒ですよね?

  1. お湯を沸かす
  2. ドリッパー・フィルターを用意
  3. コーヒーの粉を用意
  4. 時間をかけてお湯を注ぐ(ドリップ)
  5. 洗い物が出る

これだけの工程が発生するわけです。そうなると、

  1. お湯を沸かす
  2. ティーパック投入

この工程で完了する紅茶で済ますことが必然と増えてしまいます。

しかし、たまにこの面倒さを乗り越えやっとの思いでコーヒーを淹れてみますが、そこまで頑張って淹れたコーヒーが

『たいして美味しいわけではない』

ということが問題です。

基本的に薄く、とくに僕が淹れるとケチ心が沸いてしまって1~2杯分くらいの粉に対し、1Lほどのお湯でドリップしてしまうので『コーヒー風味飲料』と化してしまいます。

そのような過程から『次の条件を満たすならコーヒーメーカーを購入してもいいかな』という気持ちになりました。

  1. とにかく準備や片付けが簡単
  2. 見た目がおしゃれなデザイン
  3. 美味しくコーヒーが飲める
スポンサーリンク

全自動コーヒーメーカー(コーヒーマシン)を選んだ理由

こうして『コーヒーメーカーを買おう!』となったわけですが、そこまでコーヒーへのこだわりがありません。

先ほど紹介したように、あくまでポイントはこの3点です。

  1. とにかく準備や片付けが簡単
  2. 見た目がおしゃれなデザイン
  3. 美味しくコーヒーが飲める

とにかく準備や片付けが簡単

コーヒーにこだわりがないからこそ、手間はかけたくありません。

そうなると以下のポイントはNGです。

  • 作るたびにコーヒーフィルタを設置する必要がある
  • 作るたびにコーヒー豆や水を入れる必要がある
  • 作り終わる度に、コーヒーカスを捨てたり片付けが必要になる

つまり言い換えると、次のような条件を満たす必要があります。

  • コーヒーフィルタを使わないで
  • コーヒー豆や水をある程度マシンにストックができて
  • 洗浄や片付けを勝手にやってくれる

そうなると全自動タイプしか基本的にはありません。(コーヒー飲むなと言われそうですね)

見た目がおしゃれなデザイン

おうちの見えるところに置く以上、デザイン性も重要です。

我が家の場合、デザインは奥さんの基準をクリアする必要があります。

奥さんの言葉を借りると『スタイリッシュ』です。

もちろんデザインは人によって好みがありますが、デロンギのコーヒーメーカーは全体的におしゃれと言っても差し支えないでしょう。

美味しくコーヒーが飲める

こだわりがないとはいえ、ある程度「おいしいか」「そうじゃないか」くらいの基準の舌は持っているつもりです。

お金を出してコーヒーメーカーを購入する以上、普段のドリップコーヒーでは飲めない味を飲みたい!という欲はありました。

また僕はクリーミーな味が苦手なので、ほぼブラック1択なのですが、奥さんはカフェラテやカプチーノなども好きです。

そういった意味では、『選択肢も広いと色々楽しめそうだね』という欲も出てきました。

そこでたどり着いたのがデロンギの全自動コーヒーメーカー・マグニフィカSです。

デロンギの全自動コーヒーメーカー(コーヒーマシン)、マグニフィカSを選んだ理由

改めて、デロンギの全自動コーヒーメーカー・マグニフィカSを選んだ理由をまとめました。

  • コーヒー豆や水はあらかじめ入れておいて、ボタン1つでコーヒーができる
  • 都度の掃除は必要なく、適当なタイミングが来たら掃除をすればいい
  • エスプレッソマシンでありながら、カフェ・ジャポーネというドリップコーヒーのような種類も飲める
  • ミルクフロッサーがあるので、カプチーノやカフェラテも楽しめる
  • とにかくデザインがおしゃれで好み
  • 価格(予算)もバランスが良い

ちなみに、マグニフィカSは現在2つのパターンがあります。

★マグニフィカS セミスタンダードモデル(ECAM23120BN/WN)

こちらは我が家で購入したモデルです。

★マグニフィカS エントリーモデル(ECAM22112B/W)

2020年モデルとして、アマゾン・デロンギ直営店限定で取り扱いされています。

この2機種の主な違いは以下の通りです。

ミルクフォームの作り方
  • ECAM23120(以前):泡立てと温め の2つの設定可能
  • ECAM22112(最新):泡立て機能のみ
ボタンの配置や機能
  • ECAM23120(以前):スプレッソ抽出ボタンが4つ、カフェ・ジャポーネ抽出ボタンが1つ。
  • ECAM22112(最新):エスプレッソ抽出ボタンが2つ、カフェ・ジャポーネ抽出ボタンが2つ
  1. 僕が持っている以前の機種は、薄いエスプレッソ(カフェルンゴ)が別ボタンとして存在する。
  2. 最新機種はカフェジャポーネを同時に2杯抽出できる。
  3. 最新機種のほうが価格が安め

ミルクフォームの温め機能の違いは若干気になりますが、正直大きくこだわりがない僕からすると、機能面はそんな気にしないレベルの違いです。

サイズは全く同じで、見た目は最新機種のほうが個人的に好みです。

ただ、オンライン限定ですので店頭では購入できません。

僕は、家電量販店の中にあるデロンギ展示ブースでメーカー販売員の方から購入しましたが、おかげでメリットもたくさんありました。

店頭購入してよかった点
  1. 価格交渉:ネット価格より安くしてくれた(ポイント値引き)
  2. おまけをつけてくれた:公式の付属品やコーヒー豆を付けてくれた(約1万円分)
  3. 製品について色々確認できた:掃除、メンテナンス、音、大きさなど

デロンギ公式オンラインストアを見てみても在庫切れで、どちらを手に入れるにしても中々大変そうです。それであれば、店頭での購入も検討してよさそうですね。

【まとめ】コーヒーにこだわりがない人間がデロンギの全自動コーヒーメーカー(コーヒーマシン)を購入した理由

以上が、我が家がコーヒーメーカーを購入した理由です。

決して安い買い物ではないので、しっかりと検討して購入するのをお勧めします。

ただ、コーヒーメーカー(コーヒーマシン)は僕のようにコーヒーへのこだわりがないからこそ、必要な家電にもなりえますね。面倒な手間が大幅になくなります。

おうち時間の増えてきた今、検討してみるべき家電の1つと言えそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました