【老後資金】おすすめの貯め方お伝えします!

初心者向け
  • 老後資金を貯めたいけど、どういった貯め方がおススメ?
  • 貯め方のメリットデメリットが知りたい

こういった疑問にFP歴10年の僕が解説していきます。

ちなみに、老後資金の必要な金額についてはこちらで解説しています。

【老後資金】いつからいくら貯めるべきか解説します
老後資金って結局いくら必要なの?いつから貯めるべきなんだろう。積立金額はいくら必要なのかなこのような疑問を...
スポンサーリンク

老後資金は積立投資で貯めよう

お金の貯め方(預け先)は、大きく分けて3種類あります。

  • 銀行で貯金する
  • 保険で積立をする
  • 投資証券で運用する

この中の何が良いと思いますか?

結論は、投資で運用するのが効果的です。

なぜかというと、中長期的な資産形成においては投資の相性がいいからです。

では、それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

銀行預金のメリット・デメリット

多くの人が使っていると思う銀行。当たり前に活用している銀行預金もあくまでお金の預け先の1つです。

メリット、デメリットは次のとおりです。

メリット①流動性が高いためいざという際に使いやすい

当たり前に感じてしまいますが、普通預金であれば必要な時にいつでも引き出しができますね。
これは大きなメリットです。換金性が高いことを流動性が高いといいます。

メリット②預金保護制度(ペイオフ)で一定金額は守られている

定期預金や利息のつく普通預金などは、1金融機関につき預金者1人当たり、元本1,000万円までとその利息等が保護されます。いざ金融機関が破綻してしまった際自身のお金が補償されているかどうかというのはとても大切なことです。

デメリット①超低金利のため増えない

なんといっても、ひとつは超低金利です。普通預金の金利が0.001%なども多いですが、100万円を預けて1年間にいくら増えると思いますか?100円です。

ATMで手数料とられてしまったら元本割します。

手数料を考えずATMでどんどんお金を引き出していると、それだけで大切な資産が目減りしていきますので、あまり気にかけていない人は注意しましょう。

デメリット②使いやすいお金のため使いすぎてしまう可能性がある

先ほど、メリットで流動性があることを上げましたが、この部分は表裏一体でデメリットにもなりえます。要するに、引き出しやすいということは手を付けやすいですね。

いざ何か困った際に、すぐに引き出せるというのは、言い換えればきちんと管理できなければ使いすぎる可能性があるということになります。

これはデメリットの側面の1つです。

保険で貯めるメリット・デメリット

保険というと、万が一の保障というイメージがあると思いますが、なかには貯蓄性のある保険があります。

保険の仕組みについては詳細の説明は割愛しますが、保険を活用するメリットデメリットについて見てみましょう。

メリット①保障がついているため万一の際に活用できる

保険で貯めるメリットは、一番は保障です。

万一(色々な万が一があります)があった際に蓄えている以上のお金が保険金として給付される仕組みが保険です。

例えば、1か月分しか保険料を払っていなくとも、万一の際は大きな保険金が給付されるわけですが、これはほかの金融商品にはない、保険のみが持っている特徴です。

メリット②事前に決めた金額通り確実に貯まるので計画が立てやすい

貯蓄性のある保険の中には

  • 事前の計画通りにお金が溜まっていくもの
  • 運用利回りが変動し将来貯まる金額が予測できないもの

の2パターンあります。

前者の場合、事前に決めた金額通りに貯まっていくので目標金額を確実に蓄えていきたいときなどは非常に効果的です。

ちなみに後者の場合でも、最低金利が決まっている場合があります。

デメリット①長期間貯め続ける必要がある途中でやめにくい

一般的に保険で貯める際は10年や20年、30年と払い続けていくことが普通です。

長い時間をかけていくと当然よりお金もたまりますが、途中で解約すると一般的に元本割してしまう可能性があります。

長い人生の中で、いろいろな事態が想定されるでしょう。そのようなときもできる限りやめないように工夫していかなければなりません。

長い期間お金を払い続けていくことが1つのリスクとなります。

デメリット②:利回りが低い

保険は保障です。

毎月払う保険料には保障に当たる経費も含まいます

つまり、中長期で保険会社に資産を預ける割に利回りが低いです。

続ければ確実に貯まり利回りも銀行預金よりは若干よいという面はありますが、あまり大きなメリットにはなりません。

特に、円建ての保険は年々金利が下がっています。

外貨建ての保険は円建てに比べればかなり利回りが良いです。

とはいえ、以前に比べれば利回りも下がってきていますので大きく増やす!という点ではメリットは低いと言えるでしょう。

投資のメリット・デメリット

最後に投資です。これはとっても簡単ですね。

メリット①大きく資産を増やせる可能性がある

メリットは何といっても資産を増やせすことができる可能性があるということです。

デメリット①元本が保証されていない

デメリットはその逆です。将来の資金の額が約束されていません。増えることもありますが、マイナスもあります。これをリスクと呼びます。一般的にはネガティブに感じる方もいるかもしれませんが、リスクとは増減の幅のことを言っているので、減る可能性だけを意味していません。

スポンサーリンク

老後資金に投資がおすすめな理由

ここまで各貯め方の特徴を見てきましたが、まとめると次のようになります。

貯め方 目的
銀行で貯金
  • 1~2年など短期的
  • すぐ使えるお金
  • 生活費
  • 緊急予備資金
  • 旅行資金 等々
貯蓄性の保険
  • 5年~10年など中期的
  • 確実に貯めたいお金
  • 教育資金
  • 車購入 等々
投資
  • 20年~30年かけて長期的
  • 増やしていきたいお金
  • 老後資金 等々

銀行は流動性が高いので短期的な資金を貯めるのに向いています。

たとえるなら、日々の生活資金とか急に必要となる予備資金とかでしょうか。

来年旅行のために!というようなお金も良いでしょう。

保険は、中長期的に確実に蓄えていきたい資金などに向いています。

たとえば教育費など良いですね。

株などの運用と違い、基本的には当初決まっている試算通りに運用されていきますので、きちんと続けていけば約束通りの金額が貯まります。

一方、投資も中長期の運用に向いていますが、将来の金額が約束していません。そのため、例えば教育費の間近で今回のコロナのような事態が起こり価格が暴落したら手を付けられないですよね。

そのため、投資はゆとりを持った中長期的な運用が向いているのです。

つまり、老後への資産形成にピッタリな方法と言えます。

≪まとめ≫【老後資金】おすすめ貯め方お伝えします!

いかがでしたか?老後資金ってだいぶ先に思う方も多いかもしれませんが、意外と時間はありません。。

月1回給料をもらうとして、30歳の方でしたら65歳まであと420回しか給料をもらえない計算です。

日々の生活に忙殺されていると、時間が過ぎるのは早いですよね。

投資で運用するにせよ、ほかの方法で貯めるにせよ『貯める資金の捻出』が必要になります。

そのためには、次の順番で行動するべきです。

①【計画と現状を把握する】ライフプランを作る

【無料ライフプランシミュレーションツール】

  1. Financial Teacher System 8
  2. iction 未来家計シミュレーション
  3. 全国銀行協会

ライフプランの作成方法については、こちらの記事で詳しく解説しています。

【入力編】自分で出来るライフプラン表作成方法!プロ並み!
ライフプランが大事って言われたけど、FPに相談したくないライフプラン表ってそもそも良く分からない。人に頼まないで自分...

②【収支改善をする】固定費の見直しをする

お金を増やすには、『収入を上げる』『支出を下げる』が必要になります。

まず真っ先にできるのは『固定費の見直し』です。

その1つで、電気代の見直しについて以下の記事で解説しています。

電気代を安くしたい!電力会社の見直し効果を公開! 【電力自由化とは】
電気代の見直しってどれくらい効果あるの?どういう電力会社を選べばいいか分からない手続きが難しそうこういった...

③【実際に運用する】老後資金のために投資を始めてみる

投資を始めるには口座の開設を行うことが必要です。

気軽に始めることができるのでまずは登録してみるのもおすすめです。

とはいえ、初心者がいきなり進めていくのはハードルが高いですよね。

そこで、初心者でも始めやすい方法として『ポイント投資』がありますので、以下の記事で細かく解説しています。

失敗しても大丈夫!投資初心者は『ポイント投資』から始めよう
投資って怖いから始めにくいやってみたいけど損したくない良い方法ないかな?『投資を始めよう!』と良く目にして...

まずは動いてみることが大切です。

ぜひ、1歩を踏み出してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました